キャバリア☆メル家の日記   meruflower☆FLOWER紹介


by merurun-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

王道ベト飯

ベトナムの代表選手といえばフォー
米粉からできた柔らかい麺
米粉を水で溶き、板状にして蒸しあげたものを切る。
スープはシナモン・八角・焼いた生姜などをお店独自に配合し、
豚骨や牛骨をじっくり煮込んで作られます。
他にも地域によってウーティウやブンボーフエなどもあります。
つけ麺タイプや汁なしのものも。奥深いベトナム麺道。
今回食べたフォーや麺類です。
a0148349_18181397.jpg

a0148349_18181080.jpg

たっぷり野菜とハーブもはいって味もさっぱり。
健康的です。
病み上がりでも問題なしです!
ちなみにこちらはベトナム語の先生おすすめのお店。
a0148349_1819151.jpg

朝とおっても、昼とってもローカル人で大賑わい。
a0148349_182096.jpg

揚げパンを浸して食べるのがまたおすすめらしく実践。
a0148349_15443794.jpg

ローカル店なのでフォーに揚げパンにドリンクにまとめて300円ほど
そして味もさっぱり、スープもおいしかったです。
a0148349_1821710.jpg

ベトナム人は昔から食べ物を陰と陽の性質にわけてそれぞれの性質の食べ物をバランスよく
たべることで体の調子を整えているようです
肉料理や脂っこい料理と香草や野菜の組み合わせ
肉と香草をライスペーパーで巻いて食べるのも、野菜をたっぷりいれたバイン・セオも
この考えに基づいた食べ方
バイン・セオのお店もローカルで人気店
ローカル店に一人ではいるのも慣れてきた☆
米粉をココナツミルクや卵と混ぜてやくベトナム風お好み焼き。
フライパンでパリッとやいてモヤシや豚肉・エビんなどをトッピング
サニーレタスやミント・バジル・青紫蘇などとくみあわせてタレをつけていただきます。
a0148349_18234264.jpg

そしてベト飯で現在のところトップ2に君臨してるのはこちら
チャーヨー(揚げ春巻き)ベトナムといえば生春巻きですが、
数種類の野菜の豚肉がぎっしりつまって皮がサクサク、中から肉汁がという絶品。
a0148349_18292863.jpg

そして、今回はじめてたべたのがチャオ・トム
エビちくわ。サトウキビの芯にエビすり身をまいて炭火で焼いたもの。
サトウキビからはずして野菜やライスペーパーに巻いていただきますが本当においしいです。
a0148349_1830583.jpg

ベトナム料理は日本人の口にあいます☆
自然の恵みいっぱいで野菜やハーブがふんだんに使われ健康的。
日本でいるよりたくさん野菜をいただけました。

ただ、今回病んだ時に食べたくなったのがやっぱり和食。
やはり自分の国の味、今まで海外にいって和食を恋しくなることなんてなかったけど
今回こんなにも和食が食べたくなるとは。
不思議なことにベトナムでネギとお豆腐の普通の味噌汁をのんだときにすごくホッと!
今までこんなことなかったのにな(笑)
[PR]
by merurun-t | 2013-06-27 22:37 | ベトナム生活☆