キャバリア☆メル家の日記   meruflower☆FLOWER紹介


by merurun-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:OTHER☆( 28 )

秋の夜長:京都散策

休日、我が家の4本足の娘たちと一緒にすごすのが私の楽しみ
でも競技会もおわった週末
朝からメルのリハビリ!
先生がフードが入ったサンプルの袋を目の前で鳴らすだけでリハビリがんばれちゃうメル。
その横でひたすらずーーーっと 伏せマテのエイミー。
メルのリハビリ中は彼女はトレーニング!
目の前におやつを置いて20分マテのノルマを達成する日もあれば動いちゃう日もあれば。
いつかエイちゃんもリハビリというよりマッサージしてもらうんだ。

さて、リハビリが終わって家についてから、2ワンズにはいつもの警備についていただき
メルママは京都へ
お子さんたちの手が離れたご夫婦に食事を誘っていただきました。
集合場所だけしか聞かず食事場所など何も聞いてなったメルママは、
観光したいし、ぺちゃんこ靴に少しだけ綺麗めの服でいったものの
集合場所から歩いて少し。
うーーーん、これは服が違うぞ。って気づいた時には時すでに遅し。
なんか品が良さそうな人たちばかりなのですが。
日本庭園に茶室を配する本格的町家建築
本格的な茶室を配した京町家の伝統的な佇まいのお店です。
a0148349_037879.jpg

お料理は京会席と鴨鍋
鴨鍋以降の写真はありませんが、胃がびっくりするのではないかとおもうくらい
目も心もお腹も大満足。
静かな空間でゆっくり時間を過ごす。
日々忙しなく過ごしているメルママにとっては最高の贅沢でした。
a0148349_0372581.jpg

a0148349_0375463.jpg

食事が終わってからは京都散策
まずは高台寺
近くを通ったことは多々あるけど、拝観するのは初めて
このあたりは名所が多く見過ごしがちですが京都在住者から
是非いくなら大人な時間をすごせるよと教えていただきました。
a0148349_0542240.jpg

色づき始めた紅葉
夜間拝観がいたるところで行われています。
やっぱり京の紅葉の名所としてあがるのは永観堂
a0148349_0543615.jpg

帰り道に前をとおった知恩院
知恩院には七不思議があって結婚前両親と散策したのが思い出
a0148349_055047.jpg

そしてこちらは知る人ぞ知る
清水寺 春の桜に劣らず、秋の紅葉も有名です。
昔から思い切って決心することを「清水の舞台から飛んだつもりで・・・」といいますが、
その語源となったのが、この場所。
錦雲渓の急な崖に、最長約12メートルの巨大な欅の柱を並べ、
「懸造り」という手法で、釘を一本も使わずに組み上げた木造建築です。
本堂から張り出した「舞台」はちょうど4階建てのビルの高さにあたり、京都市街の眺望が見事。
面積は約190平方メートル、410枚以上のヒノキ板を敷き詰めた「桧舞台」です。
現在修復中ですが昔の方の知恵・技術に改めて感心しました。
a0148349_0551390.jpg

a0148349_055265.jpg

傍に2ワンズがいないことは寂しいけど、寺院はワンコNGでしょうし仕方がない。
ワンコ連れのかたも数組みましたが円山公園で休憩されてました。気持ちわかるかも。
[PR]
by merurun-t | 2013-12-01 21:18 | OTHER☆

パンケーキ

パンケーキはやってるよね~
なんで日本初上陸は東京が多いのかな?
東へ出張にいったらいきたい気持ちはある。
でも結局行く場所はたいていサラリーマンの街 新橋だったり・・・
ちょっと雰囲気はちがっても銀座
そういつまでたってもパンケーキにありつけないメルママ。

口がパンケーキを欲していましたが、ついについに西日本にもやってきました。

夏休みの思い出をつくってあげなくちゃ。
という身勝手な姪っ子思いで誘ってみた。
だって早朝からパンケーキを理由に友達さそいにくいよね。
だからいつも早起きな彼女に決定。
開店前に並べばすぐはいれる情報は事前に入手済
といっても30分前についたのに大行列!!!
a0148349_222475.jpg

メニューをみながら何を食べたいか姪っ子ちゃんと要チェック!
パイナップルときたもんだ。
歳の差四半世紀、早朝からパンケーキについて真剣に議論をかわしてみた。
こんなにもクリーム食べれないよといいながらも、最後はやっぱり定番にたどりつきました。
a0148349_2241010.jpg

2人でワンプレート完食
姪っ子ちゃんが心配してた生クリームは最終結論、ちょーどよかったね☆と大満足の様子
おばちゃんは一安心しました。
a0148349_2261949.jpg

[PR]
by merurun-t | 2013-08-30 22:35 | OTHER☆

メル家の蒸し鍋

食は楽しみの一つ。
新婚ほやほやのときクリームシチューをつくって、
夜遅くまで仕事を頑張ってくれてるメルパパを健気に待っていたメルママ。
この日のメインディッシュはクリームシチュー
帰宅したメルパパは「これだけ?」
その言葉の意味がわからず、コーンとゴングがなったメル家。
メルパパはスープの一種、メルママはシチューはメインを張れる一品と主張
そしてこの瞬間、二度とシチューはつくらない、作るなら似た具材で
間違いなくメインになるカレーにしてやるぅと主婦の決意をしたひととき。
それでも食べたい日はやむおえずスープ扱いに格下げしてメインディッシュは別に用意!
ここまでいってもらえてシチューも本望だろう。

それ以来平穏無事な食卓でしたがひさしぶりにゴングが。
次の火種はもやし!
もやしをお鍋にいれたメルママ。
もやしをお鍋にいれたら匂いがするからいれてほしくない。
家計にやさしい食材の神、おまけに栄養価がたかいというもやし様の使用方法を制限された。
主婦の天敵、ちょっとこだわりをもった夫!

さて今日は
あっさりを求めるときのメル家手抜き料理のおすすめ一品をご紹介
『蒸し鍋』

野菜もたくさんたべることができ、素材のやさしい味が味わえる!
メル家は塩麹もたしてみて、ポン酢と柚子こしょう・大根おろしでどーぞ。
こだわり夫はポン酢も苦手、さっぱりすぎる食事には興味はなく
同じ具材で隣のコンロでちがう鍋をつくるはめに・・・
おいしいんだけどなっ!
あっさりを求める方にはおすすめです。
(今回は白菜・豚肉・きのこ類を層にしてみました)
a0148349_23143668.jpg

[PR]
by merurun-t | 2013-03-01 00:03 | OTHER☆

鹿児島ぶらり旅

花より団子とはこういうこと?
鹿児島は一足早く春が近づいています。
濃いピンクがきれいな寒緋桜
a0148349_12552746.jpg

梅も満開
a0148349_12555668.jpg

荒々しい桜島のいいけど、山頂からの整ったなだらかな稜線が見事な開聞岳
薩摩富士ともよばれています。
池田湖の菜の花畑から
a0148349_12562220.jpg

鹿児島はおいしいものだらけ。
今回のぶらり旅での食事の一部です。

桜島をみながら行ったところは
a0148349_12565332.jpg

仙巌園
a0148349_1257960.jpg

仙巌園は、鹿児島と統治していた島津家の別邸です。
錦江湾(鹿児島湾)の北側、海沿いで、鹿児島駅に近い場所にあります。
a0148349_12573347.jpg

仙巌園は、別名、磯庭園とも呼ばれ、磯名物とされてるこのお団子
両棒餅(ぢゃんぼもち)
a0148349_12574982.jpg

たれは、お醤油とお味噌の2種類があります。
素朴な味で程よい甘さに癒されます

唐船峡のそうめん流し
a0148349_1258860.jpg

そうめん流し発祥の地であり、年間約20万人の利用客が訪れています。
唐船峡という名前は、その文字が示す通り、昔この地方が奥深い入り江にあった時代に、
唐の船が出入りしていたということから土地の字名唐船ケ迫にちなんで付けられました。
ちなみにメル地方は『流しそうめん』(竹を半分にわってそうめんを流す)
こちらは『そうめん流し』
a0148349_12583479.jpg

1日10万トン・水温摂氏13度の湧出する清水はそうめん流しに適し、
平成20年度「唐船峡京田湧水」が、環境省の「平成の名水百選」に認定を受けました。
麺のかたさ、めんつゆ すべて◎
真冬のそうめん流し、大人6人で堪能しました。

鹿児島といえばおいしいラーメンもたくさん。
聞いたことあるというお店が意外と鹿児島だったり。
今回は豚トロラーメンへ!
土日は行列のようですが、平日のお昼どきを過ぎた時間にいきました。
並ぶことはありませんでしたが、お店は常に満席状態
お待ちかねの豚トロラーメンです。
a0148349_12585836.jpg

かまなくても口の中でとろけるチャーシュー☆です。
もちろん、とれたてのおさかなも堪能 
a0148349_12592544.jpg

3夫婦で同じ時間をすごすことがなかなかできないのでいい思い出となりました。
心も胃袋も大満喫の3夫婦の鹿児島ぶらり旅でした。
[PR]
by merurun-t | 2013-02-17 13:48 | OTHER☆

砂むしデトックス

家族でいる時間。
あとどれだけ一緒に過ごせるかな?そう思うと今を大切にしたいな。
ふと思ったメルパパとメルママでした。
メルパパ曰く、両親とすごす時間を作る・嫁ぎ先をみせて安心させる
これは子供の役目だからね。

メルママ両親にも鹿児島ののんびりした時間の流れととにかく美味しいご飯を満喫してほしい
メルパパもほとんど鹿児島で両親と過ごすことがないので、3夫婦で鹿児島ぶらり旅

行きたいところはメルママ両親が選び、メルパパ両親のガイドでぶらり旅開始~♪

メルママ両親がいきたかったスポット。
まずは指宿で砂むし温泉体験☆:・。★
砂に湧き出す天然温泉、自然がうみだした不思議な温泉です。
a0148349_22174791.jpg

効果といえば・・・・
大量の汗とともに老廃物排出☆
温泉で炎症がおさまって皮膚代謝がアップ☆
温泉の熱と砂の重みで血の流れがよくなって凝りが解消☆
じっくり体をあたためることで血のめぐりがよくなって冷え性解消☆
とデトックスに最適!体内毒素を排出しよう!

最近お疲れのメルママは砂むし風呂を楽しみにしていました☆

ゆかたに着替え、砂の上に寝転がってスコップで体の上に砂をかけてもらいます。
砂かけの方は背中のあたりがだいたい50℃になるように
足の裏で砂の温度を計りながら砂をほっていくとのことです。
背中からホクホクと砂の暖かさがつたわり、
あっという間に20キロほどのあたたかい砂が体を覆います。
すぐに、ドクドクと心臓の音がつたわり、血流がよくなってることを痛感。
ぼーっと潮騒の音に癒され、唯一砂から出ている顔に冷たい風が心地いい。
日本人に生まれてよかったぁと感じた瞬間でした。
a0148349_23103752.jpg

砂蒸しの目安は10分から15分
砂に埋まったほうが砂の圧力で心臓から送られる血量がアップし
寝ている状態のため血液が心臓を巡りやすいということから、
普通の温泉より効果が高いといわれています。
家の近くにあったら通うのになと思いながら、指宿ならではというのがまたいいのかもしれません。

先に出たメルパパにとってもらったメルママ蒸され姿
a0148349_23131142.jpg

風呂上りは片手を腰にあて、指宿・唐船峡の天然湧水でつくられたサイダーをゴクリ
a0148349_23215076.jpg

たったの15分の砂蒸し
重い砂をはらってでた体は汗をたくさんかいて
しかも、体のホクホクが長時間つづき、つらかった肩こりなどもかなり緩和されていました。
恐るべし砂蒸しデトックス☆

そう、今回の行先はまたまた鹿児島。
いつもはゆっくり船旅ですが、今回は2泊3日の3夫婦での鹿児島ぶらり旅☆
連れて行ってもほとんど車の中になってしまうのもかわいそうなので
メルとエイミーにはお留守番してもらいました。
往路はピーチ航空・復路はANA
時間帯もあるだろうけど値段の差は4倍以上。
恐るべしLCC!!とこれまた感動

ということで、しばらくメルママ作 鹿児島ガイドブック記事のアップとなります☆:・。★
[PR]
by merurun-t | 2013-02-12 23:40 | OTHER☆
メルパパのお友達おすすめの焼肉屋にいったとき、
是非、これを!とお友達一押しメニュー
お肉もすごくおいしいお店ですが、初めての味でお気に入りになったメルママ。

メルパパよ、おいしいものを食べさせていただければ
推測ですが家でつくれますよ☆
寒い冬、冷えた体に食卓にはあたたかい飲み物がほしいところ!
手抜き料理大歓迎のメル家にはこれは助け舟の一品。
材料さえあれば瞬間でできちゃいます。

【材料】
赤みそ
柚子こしょう

三つ葉やネギなど

【作り方】
お出汁をとったなかに赤みそをときます。
そのあと、柚子こしょうをかなり多めにいれ、続いて卵を流しいれて、お好みでネギや三つ葉を!
これで完成☆☆

ポイントは柚子胡椒
胡椒とは呼ぶものの、実際には柚子風味の唐辛子ペーストで、
唐辛子を粗刻みにし、柚子の果皮と塩を入れて磨り潰し、軽く熟成させたもの
唐辛子パワーで体があたたまるうえ、
冬のハーブの柚子は抗菌作用・抗酸化作用・疲労回復などがあり
香りもよし、健康にもよしと一石二鳥です。
いつもは鹿児島の手作りお味噌にこだわるメルパパもこれはおいしいと食べてくれますよ。
是非、この冬の一品に。
a0148349_22214217.jpg

※写真はイマイチですが味はおすすめです(笑)☆:・。★
[PR]
by merurun-t | 2013-01-27 22:07 | OTHER☆
ゆっくりしていたお正月休みは一週間前。
あぁ戻りたいなと思う日々です。

さてさて、鹿児島滞在中、一日遠足に。
行先は
a0148349_1235441.jpg

ご当地キャラクターが「くまモン」
世界一のカルデラ火山である「阿蘇山」で知られる「火の国」熊本です。
熊本にいくといたるところに「くまモン」が登場しています。
そして、今回の目的は一度みてみたかったお城、メルママが一番かっこいいとおもうお城
「熊本城」です。
熊本市の中心地にあり、城造りの名手と言われた加藤清正が普請したお城
a0148349_12481763.jpg

a0148349_1246895.jpg

こちらは創建当時から残る唯一の多層櫓
地上5階地下1階、他の城郭では優に天守に匹敵します。
往時の熊本城にはこのような櫓が林立し、まさに難攻不落です。
a0148349_12463056.jpg

熊本城の特長の1つに、石垣があります。
加藤清正が近江国から率いてきた特殊技術を持つ石工集団、
「穴太衆(あのうしゅう)」よって作られました。
熊本城の石垣は、地面付近は勾配がゆるく上に行くにしたがって
勾配がきつくなる独特なもので、石垣の下の方は30度程度とかなり緩やかですが、
上の方はほぼ垂直に近い絶壁になってます。
最初はけっこう登れそうですが、上にいくほど反り返って
最後までは登れないようになってるのです。
城に侵入してきた敵の武者を返してしまうことから、武者返しと呼ばれています。
ただ、メルパパは
「今のロッククライマーなら登れるな」と興ざめなことを横でいっていましたが・・・
a0148349_12464988.jpg

a0148349_1247735.jpg

でも真近でみる熊本城はやっぱりかっこよかったなぁ。
あの白と黒のコントラストが最高だ!と大満足のメルママです。
ちなみにメルママは城マニアではありません(笑)
知識はゲームからのなーんちゃって歴史好きです。
[PR]
by merurun-t | 2013-01-13 13:23 | OTHER☆

薩摩の国上陸完了

待ちに待った年末年始のお休み。
今回はカレンダーの並びに感謝★:・。☆例年稀にみる長期休暇になりました。
みなさま素敵な休みを過ごせましたでしょうか?

前々回の記事でお話ししたとおり、出発前に洗濯籠で眠っていたメルさんを連れ出し
家族揃って出発。
今回も車&船で移動です。
航路によればワンコも同室可の部屋があるのですが、メル家利用の航路にはございません。
しばし、メル&エイミーはワンズ部屋に!と思ったら、問題児発生。
車から船にだそうとしたらエイミーはプルプル足が震えてでてきません。
おまけにワンズ部屋は例年利用者が少ないのですが、今回は満室に近く
エイミーにとっては試練の時間です。終始情けない顔のエイミーです。
この日は揺れも少なく、人は快適そのもの。
a0148349_739252.jpg

出港してから11時間後到着したのは薩摩の国、鹿児島です!
メルパパのふるさとへ帰省。
大好きな鹿児島に笑顔でルンルンのメルパパです。
桜島をみつつ、
a0148349_7474944.jpg

安全運転でお願いします。
a0148349_748733.jpg

鹿児島といえば、西郷さん。通る道でも銅像があったり看板にもなったり英雄です。
そして、やはり美食の国
たくさんの自然に恵まれ、すべて新鮮☆:・。★
メルパパとぉちゃんは漁師さんなので帰省の度に
毎日釣りたてのおいしいお刺身をいただけたり
a0148349_8311764.jpg

こちらはまだ動いている伊勢海老
a0148349_8321689.jpg

そして、後ろに怯むエイミーとは対照的に、興味津々なのはもちろん。
彼女にとっては怖いものはないのでしょう・・・
a0148349_8343547.jpg

a0148349_8365362.jpg

a0148349_8374479.jpg

そして伊勢海老さんは
a0148349_838397.jpg

お味噌汁となりました。
説明は不要でしょうが伊勢海老から最高のお出しがでて絶品のお味噌汁です。
そして、帰省したら必ずといって食べるのはマグロラーメン。
a0148349_8382619.jpg

まぐろの頭から出汁をとって、魚の臭みもなくさっぱりとしたラーメンです。
お好みでワサビをといて☆
このほかにも鹿児島グルメは紹介しきれませんがたくさん。
ちなみに、お醤油も甘みがあったり、ポン酢も甘みがあります。
狭い日本ですが、地方によって食の文化が異なり奥深さを感じたメルママでした。

さてさて、この鹿児島LIFEで一番満喫したのは???
メルママがみたところイニシャル『E』さんではないでしょうか(笑)
そう、毎年恒例のあれが行われました。また後程!
[PR]
by merurun-t | 2013-01-06 21:30 | OTHER☆
2006年秋からヨーロッパの蚤の市をイメージしたロハスフェスタはスタートしました。
メルママも依然出店しましたが、出店すればゆっくり他のお店がみれなかったので
今回はロハスフェスタ巡り。
後ろからみた太陽の塔をみながら会場へ移動します。
a0148349_17101396.jpg

「おしゃれでかわいくエコを実践しよう」という
ナチュラルなライ フスタイルの呼掛けのとおりどのお店も素敵です。
ロハスフェスタは作り手やその人の顔や思いがみえる商品と出合えるのが魅力。
大量生産のできない手作り雑貨や家具、ゆっくりと時間を超えて
今も使われるアンティー ク、などなどたくさんのお店が並びたのしめます。

会場は青い空に緑の芝生のなかにあります☆:・。★
入って早々人だかりができているお店発見。
雑貨を販売されているお店です。
これも、これも欲しいなと誘惑の連続ですが、
とりあえずグルッと一周してから。ガマン・・・・
a0148349_17111722.jpg

こちらは陶器のお店。
このお店のアンティークなデザインが人気で私もついつい立ち止まってしまいました。
a0148349_17131084.jpg

やっぱりフラワー系もチェックしましたよ。
貸し出されてるのはただのテントなのに、どのお店もディスプレイ力が高く
どうやってるんだろ?と気になる私
a0148349_17144985.jpg

a0148349_17145849.jpg


また、会場の中には地球にやさしい生活スタイルを身近な事から始めようと
さまざまなことが提案されています。

日々の暮らしの中で 「安ければいい」「便利がいちばん」といった考え方ではなく、
こだわりを持って心豊かに暮らすこと。
自分やまわりの大切な人たち の健康や地球環境のことを考えて
モノ・コトを「選ぶ」ということを心がける。

自分だけ良ければいいとかでなく、
一人一人が身近なことから少しずつ暮らし方を 見つめる。
その積み重ねが未来の綺麗な地球をつくる力になれたらな・・・
まずは私から。
そう思ったメルママでした★:・。☆
a0148349_17315080.jpg

※万博公園はペット禁止なので、ワンズたちはパパと車でお留守番。残念・・・・
[PR]
by merurun-t | 2012-10-13 18:02 | OTHER☆

メルママの秋休み

メルママの秋休みの行先はミクロネシア最大の島で日本から飛行機で3時間30分。
グアムに行きました。
今までは世界遺産めぐりなどが中心でリゾート地はめったに行きませんが
今回は姪っ子ちゃん二人もご一緒してくれたので行先はこちらに決定。
a0148349_18531787.jpg

今回の目的はおもいっきりアクティビティをすること☆:・。★
ホテルにはたくさんのプールもついていましたが
やはり自然を堪能したい。
モーターやエンジンなど人工的な音はなく聞こえるのは波の音だけ。
真っ白なプライベートビーチにいきました。
実は熱帯魚が集まるスポット。
姪っ子ちゃんたちとシュノーケル開始!
少し潜るだけでたくさんのお魚が・・・
餌をもっている手のところにたくさんよってきてくれます。
水中カメラでたくさんとりましたが、データに落とせないので残念・・・・
a0148349_1858625.jpg

もちろんカヤックもしましたよ。
a0148349_18582479.jpg

海を満喫したら次はジャングル探検へ。
文化遺産にも指定されているジャングルに出発。
虫が苦手な姪っ子ちゃんは苦戦しながらも歩いています。
a0148349_1935895.jpg

少し歩くと鍾乳洞がありました。
ここには、飲むこともできるほど、キレイな真水を蓄えた池があり、
古代チャモロの貴重な水源であったと伝えられています
この中には真水の美しい池があり、若返りの水といわれています。
a0148349_1973420.jpg

道中は顔よりも大きなタロイモの葉もあり、緑の香りを感じながらウォーキング
a0148349_1992579.jpg

こちらは古代遺跡のラッテストーン
グアムの先住民チャモロ人は、もともとは、
紀元前にフィリピン、インドネシアを経由し渡来した
東南アジア系の人種と言われています。
写真はそんな彼らが残した遺跡の一部
何百年もの間、当時の状態で現存しているものです。
a0148349_19114778.jpg

自然を大満喫した次は食へ。
姪っこちゃんのお気に入りはココナッツ。
a0148349_1951312.jpg

そして、メルママの希望のロブスター★:・。☆
ただ動くロブスターに恐怖中の姪っ子2人。
a0148349_19542634.jpg

スーパーに行くともうハロウィンの準備
a0148349_1958275.jpg

自然に食に買い物に、大満喫の秋休み。
この自然にエイミーをつれてきてあげたらずっと泳いでるだろなとおもいつつ
帰路につきました。
次は長期のお休みがとれる予定。
今回もヒアリング力が落ちたこと、言いたい言葉が出てこないことを痛感。
ちょっと英語勉強しないとなと危機感を感じつつも行先を考えながら
ワクワク感がおさえきれません。
[PR]
by merurun-t | 2012-09-30 20:16 | OTHER☆