キャバリア☆メル家の日記   meruflower☆FLOWER紹介


by merurun-t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ベトナム生活☆( 17 )

ダナン旅行

ホイアンからのダナン
ということで宿泊はダナン

ダナンとといえばベトナム戦争中アメリカ軍が最初に上陸した場所
そして最大のアメリカ軍の基地がおかれたところでもあります。

ホーチミンにくらべたら確実に空気がいい そして治安もいいらしい。
リゾートホテルもたくさんありのんびりした時間を感じれる場所です
以前ダナンはメルパパが仕事でいった場所でおすすめと推していました。
今回はインターコンチネンタルに宿泊

はい、贅沢です!
ダナンの中心地から山をいくつ超えたでしょうか。
空港から近くにたくさんリゾートホテルがあるのに
こちらだけは遠く離れていく。

前評判の高いホテルにワクワク☆
ただ、入り口からセキュリティーがすごい!
受付からの眺め
a0148349_22313552.jpg

ホテル内はカートで移動です。庶民すでにびびっております。
こちらは宿泊部屋の玄関
a0148349_22285575.jpg

案内された部屋はカウンターにソファにベッドに でも窓がない・・・
完全オーシャンビューです。
窓のない窓際にベッド これあかんやろ。
田舎者満開のメルママはスコール降ったらえらいことや!ここでは寝られへんな。
と心でつぶやいておりました(笑)
a0148349_22305964.jpg

もちろん、これは勘違い
ベッドルームなどは別にあります。ちなみにあれはベランダでございます。
広すぎるやろ!!!!
ベランダに天蓋付のベッドいる?と思いながら一応ゴロゴロ
この広いスペース、メル&エイミーがいたら楽しいのにな☆
a0148349_22374913.jpg

日が沈むのを見ながら 波音を聞きながら ゆっくり読書!
日本では絶対ないこの時間
a0148349_22382779.jpg

夕食は海鮮料理へ
ダナンは海鮮がおいしいと聞いていたのですが
タクシーのメーター異常に上がるのが早く日本円にして30,000円くらいに
やられたぁ!!!と
途中で文句いおうかと思いながらもここで下されても山奥・・・
歩いて帰れないし。
男気をだしてもう開き直ったメルママ
お店に到着後 運転手さんは「ごめん、こわれてるから」と
結果10分の1以下の値段でした☆じゃ、先にいってよ~!
エビにカニに海鮮大好き、そしておいしい。
すべて新鮮で特にエビ、エビ好きメルママ こんな大きくておいしいエビ!と大感激☆
そして、夢中になりすぎて写真はなし。

朝食はバイキングにしてみましたっ
食事にいくときはゴンドラ?
今まで食べた中では最高の品目、ジュースだけでもどれだけあるの?
どれいただこう!幸せの悩みでした。
ただ気づいたこと。半分以上チャイニーズ おそるべしチャイナマネー☆
a0148349_224154100.jpg

1泊2日 充電完了!!
ベトナム旅行考えられている方、ホーチミンもいいですがダナンいいです。
のんびりのリゾートを考えらえるなら是非お勧め!
a0148349_2243418.jpg

ホーチミンにホイアンにダナンに ある意味ハードな旅行でしたが体調もよく大満喫
メルパパも元気です、ただもう日焼けしすぎて今 日本に帰国しても完全に浮くことでしょう。
帰りの飛行機、手荷物検査で引っかかる。
どうも現金をいっぱいもってるだろ!規定を超えているとクレームが
はいってないよ。いい歳した大人の ある意味はずかしい財布の中身
ほんと現金持ち歩かないんですけど・・・
ベトナムドン?日本円?米ドル??何をいってるのときくとこれでもこれでもない
お前は隠し持ってるといいはじめイラッイラッ 深夜便なので眠気を必死にこらえているメルママ
そういうときは短気ですよ~
えっ、何言ってるの?これで全部やしといってもお前は嘘をいってる?私そんな悪人顔???
じゃ、見ればとバックを全部見せ全部だして説明。
ねっもってないでしょといってみたけど おじちゃんが疑ったのはまさかの単行本。
おっちゃんは1ページ1ページ全部お金をはさんでないかをチェックしてもういいよと~ハァァ。
まっいいかっと思ったら どうも続々とおじちゃま後続の人にもいっている!
そして来る人来る人みんな怒ってる!!! だよね~♪
仕事熱心なおじちゃま、でも見極めてほしいなっ。
無事飛行機にのって離陸前に寝ようとするメルママ、大急ぎでフルネーム呼ばれてます・・・・
次は何??と思うと
名前が違うと。言われ・・・・
どうも搭乗手続きで係員が違う名前で登録したようでパスポートと一致しないことが原因らしい。
全部説明して、OKをもらい 無事おやすみなさい!
ベトナム旅行、楽しいけど 絶対なにかはあるんだな 笑
[PR]
by merurun-t | 2013-10-17 22:27 | ベトナム生活☆
せっかく何度もベトナムにいくのにホーチミンだけではもったいない。
他にも色々いってみないと。
頭に浮かんだのは・・・
カンボジアのアンコールワット・ハノイのハロン湾・ダナン&ホイアンの中部

今回はダナン&ホイアン決定
ホーチミンから飛行機で1時間 ダナン空港につきます。
ダナンにいくのにカンボジア航空?わたしベトナム航空で予約してるんですけど・・・
間違ってないよね???
やっぱりカンボジアに行くべきだった?無言の暗示???
a0148349_20425148.jpg

ダナンから車で1時間 ホイアンの旧市街に到着します!

まずはダナンの五行山へ寄り道
山全体が大理石でできていることから、別名「マーブルマウンテン」とも呼ばれています。
途中まではエレベーターで上がることができ、中腹からは徒歩で登ります。
a0148349_20434172.jpg

エレベーターから降りた光景はこちら。
a0148349_20491739.jpg

山の上にはたくさんの寺院があります。
a0148349_20484540.jpg

a0148349_20495675.jpg

石像もたくさんありダナンの街をまもる五行山
たくさんの方から信仰されています
a0148349_20511860.jpg

アメリカからの攻撃の際五行山に落とされた爆弾 
でも石像だけが偶然か必然か綺麗にのこった場所もありました。

帰りは階段をつかって下山
a0148349_20515559.jpg

ベトナムの暑さ、体に堪える・・・・(笑)
こちらは山頂にいたワンちゃん。
我が家の4本足の娘たちは元気かな?
a0148349_20525425.jpg


さてさて16~17世紀頃東アジアとヨーロッパの貿易の中継地として
日本人街がつくられたホイアン
約180年前の街並みを今に残す旧市街地にはどこか懐かしい気持ちに
1999年に世界遺産に登録されています。
a0148349_20535369.jpg

国際貿易都市として栄えたホイアンには日本以外にも
中国 ヨーロッパ諸国の貿易商が滞在したため
世界各国の建築様式の建物が点在しています。
a0148349_20591760.jpg

こちらは来遠橋(日本橋)日本人によって1953年につくられたといわれる
屋根つきの橋
a0148349_2111433.jpg

ベトナムの2万ドン札に印刷されている観光名所です。
a0148349_2115021.jpg

ランタンでも有名なホイアン
町を照らすランタン祭は、毎月旧暦14日に開催されています。
a0148349_20581998.jpg

仕事仲間の夏休み 毎年ブームスポットがありますが今回はなぜかベトナム
そしてみんな同時期(全員日本出発日1日違いが続く・・・)に
ホーチミンやらダナン&ホイアンにいる・・・
ホイアンにいっていた人は夕方にいったようで良かったよといっていましたが
夕方前にはホイアンを去っていたメルママ
次は夕方にいきたいな。
さてさて、やはりホイアンでしか味わえない幻の味
ホイアン料理はホーチミンでも食べれますがここでしか味わえない本場の味
メイン通りからはずれた細道にあるお店
a0148349_2151454.jpg

a0148349_2164246.jpg

お目当てはやっぱり
a0148349_2175285.jpg

こちらはホワイトローズ
米粉の皮にエビのすり身をつめて蒸しあげたもの
a0148349_2191086.jpg

カオ・ラウ
日本の伊勢うどんがルーツ
日本人が伝えたともいわれるきしめんのような米の麺
一説にはこの地方の水でつくられるから美味なのだとか
香草と甘いダシが決め手
a0148349_21105751.jpg

確かに伊勢うどんに似ている☆
その土地土地を観光してその土地の味をいただくこと
旅の醍醐味
なんだか遠い国で少しアレンジをされた日本の面影がある味をおもいだしました。
[PR]
by merurun-t | 2013-10-15 22:55 | ベトナム生活☆

休息TIME

今回も自分ご褒美
どこのスパにしようかなと思いながら、ずっと気になってて行きたかったところ
電話で予約しようかと思ったけど、語学力に自信がない・・・・
確実に行いたいから電話は却下!
調べてたら路面店があることを発見
やっぱり顔を見て予約できたら安心。さっそくいってみました!

予約日が先だったのでお店の方も長い旅行ねと☆コースの説明を聞きながら予約完了!
おうちまでお迎えに来てくれるようです。
予約当日 海外だから時間通りこないだろうなってゆっくり部屋でいたら
お迎えきてるよ~とコンシェルジュの方から連絡!
えっ、約束時間の10分前行動
日本みたいな正確さ!!!大慌てででていくと
かわいい車でした。
a0148349_23125490.jpg

今回はホテルではなく築100年になる白亜のフレンチヴィラを改装したサロン
a0148349_23142818.jpg

a0148349_231449100.jpg

17世紀の薬局様式を再現したクラシカルな建物に伝統的なハーブ療法
a0148349_23151230.jpg

フランス政府認定のオーガニック製品です。
長時間のスパ
絶対日本ではできないけどリーズナブルに贅沢時間をすごすことができます。
a0148349_23161470.jpg

a0148349_23162845.jpg

a0148349_23181278.jpg

プールサイドでゆっくり昼食もいただき休息TIME終了
でもこの後食べたいものがあったメルママ
軽食ときいていたメルママの胃袋は予定外
朝ごはん食べなければよかったとちょいと後悔!
a0148349_23173853.jpg

今回3か月前にいったお気に入りのお店にもいってみましたが
お店の方が「前きてくれたよね~覚えてるよ!今回はどれくらいいるの?」とか
色々話しかけてくれました。
ただその方は流ちょうな英語
メルママは微妙な英語 
英語ちょっと勉強しようかな。というかせめて次回は単語の数を増やしていこう!
これ海外帰りに絶対思うこと。
中学校から英語教育あんなにも学校で授業があったのに話せない。
細かい文法より、話せる英語 そんな教育があればよかったのになっ!
日本人英語話せなくても日本では生きていけるけど英語が話せたらもっと世界が広がるな。
大人になった今、がんばろうかな。
しかしメルパパ 家で全然勉強してる姿みなかったけどどこで勉強してるんだろ?
と思ったらボロボロになったベトナム語の本をクローゼットで発見
こっそり努力してるんだ。ってニヤニヤ秘密をみちゃいました。
[PR]
by merurun-t | 2013-10-14 22:02 | ベトナム生活☆
ベトナムでは洋服のオーダーメイド店が多く
既製品と同料金かプラス$3~5でオーダーが可能
しかも1~3日あれば完成ということでいってきました!
ただここも道がわかりにくい。
a0148349_2246499.jpg

まずはデザインをきめます。
日本人とわかれば日本の雑誌の切り抜きがまとめられたものを見えてくれ
それを利用して自分の好みをつたえることができます。
メルママも、袖をつけてほしいやら丈はこれくらいにしてほしいやら打ち合わせ

次は生地選び
a0148349_22522587.jpg

色々な素材があり、もうたくさんありすぎてわからない。
テーラーさんが色々アドバイスをしてくれありがたい。
顔に生地をあわせて似合う色をきめたり 
柄の生地ならどこにどの配色を持て来てほしいかなど細かいところまで好みをきいてくれます
a0148349_22524335.jpg

最後は採寸
襟の開き具合などもつたえて終了!!!
帰国日を聞いてくれましたが滞在がながいメルママには関係なく
数日旅行にいくからつくっといてねっていったらばっちり仕上がってました。
ワンピース2着、リゾート用とややフォーマル用☆:・。★

さてさて、熱帯性気候のホーチミンですが3か月前より今回のほうが日中はすごしやすい★
でも歩き疲れて喉がかわくもので
またまたカフェ三昧

朝食後お散歩してお茶、ランチのあともお茶、夜も遅くまでカフェがあいてるので
夕食後まったり時間☆
今回ははじめてのカフェを渡り歩いてお気に入りを探すことに!
トロピカルティーがおいしいというので頼んでみると
マンゴーのアイスがいっぱいはいってでてきた絶品
a0148349_22191755.jpg

こちらは市場ちかくのカフェ
キョロキョロしているとなんだかかわいい雰囲気の予感がする空間を発見!
建物が薄暗く恐る恐るとりあえず入ってみたら
a0148349_22202658.jpg

窓からの風景
外はバイクの音で騒々しいけどここは静かな空間でゆっくり読書
一人旅では本は必須、そして出発前に空港の本屋さんで選ぶ派
今回は3冊をお伴に。1冊はすでに往路の飛行機で読み終わったのが誤算
3冊では足りなかったかな・・・・
a0148349_2231118.jpg

a0148349_22312490.jpg

a0148349_22313828.jpg

そして、ベトナムの楽しみ☆定番のおいしいパン
ホーチミンのクロワッサンはサクサク生地のフレンチスタイルと
しっとり甘い生地のベトナム式があります
前回はフレンチスタイル『マン(呼び名)』をいただいたので
今回はベトナム式の『ボー(呼び名)』探し
気になるお店を探して探して歩く
見落としたかと戻る、行ったり来たり。でも見当たらないのよね・・・・
たむろしていた おじちゃま集団にきいてみたけど場所はあってるけど、店が違うらしい。
救世主出現! おばちゃまグループ登場
どうしたの?と ベトナム語9割とジェスチャー・片言の英語1割で場所を教えてくれました。
ベトナム語はわからないので1割の理解を頼りに歩いてみたけど遠い。
そしてあってる?と不安になってくる街並み
パン屋さんがありそうな雰囲気じゃないんですけど・・・・
もうやめようかなと思ったけどとりあえず時間があるメルママはいわれた道順をすすんでいく。
あれ?あれじゃない。
おばちゃまのおっしゃるとおりちゃんとお店はありました!
そしてこちらの『クロワッサン・ボー』今まで食べたパンの中で一番おいし☆
コーヒーもすごくおいしくお気に入りのお店にリストアップ♪
絶対次回もいこう!!!
a0148349_22391846.jpg

ちなみにこちらはローカル人御用達カフェ
ベトナム版バケットサンドのバインミー屋台と移動式カフェ
道端によく見かけます!
食中毒の悪夢があるメルママは屋台はまだ未挑戦
ただ今回は万が一の薬持参、ハーブも持参 でも梅干しは忘れる・・・・
おかげさまで健康に過ごせたので次は屋台いけるかも。とうっすら思い始めてみたり。
ちなみに前回の生卵事件を海外赴任してた人たちに話すと全員から大爆笑。
帰国する楽しみは卵かけご飯を食べることだったり
熱しててもあたるという国もあるのに生って・・・・・と絶句されたり。
無知って怖い!といわれ 逆に的確すぎるその言葉が怖かったり。
まっ、入院しなくてよかったねという結論になりました。
無知ほど怖いものなし!確かにそうだなっ。
a0148349_22434335.jpg

a0148349_2243515.jpg

[PR]
by merurun-t | 2013-10-13 19:30 | ベトナム生活☆

ベトナムグルメ

3か月ぶりのベトナム!!
夏休み、行き先をかんがえる楽しみはないけど、
なんかあの適当というかのんびりしたというか、でもすごく活気がある雰囲気が好きです。

入国審査 時間はかかったけど今回は問題なく通過
スーツケースとりにいこうと思ったら『FROMメル地方FINISH』ってでてるんですけど。
そしてわたしとってないんですけど・・・
ベトナム航空の重量制限は40キロ
たくさんの荷物を詰め込んだかなり重いメルママのスーツケース
さすがにとる人いないよねとキョロキョロキョロキョロ!
遠くの端にみえる一つポツンとある見慣れたでかいスーツケース、はいみつけました。

今回もメルとエイミーはShake!にて滞在させていただき心置きなく楽しんできました。

街は相変わらずバイクバイクバイク
こんなバイクの中、道の渡り方も慣れてきたのが少し成長
a0148349_15261974.jpg

でもたまに心配になる。
お兄ちゃんそこでお店して危なくないの?
a0148349_15264614.jpg

成長著しいホーチミン 3か月前より日本食のお店確実に増えています。
それだけ日本からの駐在者が増えているんでしょうね!!

さてさて、ここからが本編
朝食から外食がおおいベトナム人
メルママもローカルのお客さんが多い現地人気店を渡り歩きました。
ただ潔癖症じゃなくて良かったと思う時
決してお世辞でも衛生的ではなく、ゴキちゃんもいたり・・・でも味は抜群!!!
健康的にたくさんのハーブをいれていただいます。

まずは日本でもおなじみ 定番のフォー
米粉でつくった麺で薄く幅がある麺 コシがないのが特徴で喉ごしが抜群
こちらはPho Bo(フォーボー)
たっぷり牛肉がはいったコクのあるスープ
a0148349_15475165.jpg

個人的にはこちらのフォーがすき
Pho Ga(フォーガー)
鶏のフォー、フォーボーとスープが違い鶏ガラであっさり
朝食にはぴったり!!
a0148349_15542444.jpg

お気に入りのお店、現地人だらけ
英語すらあまり通じないけど、ベトナム滞在中の朝食はかなりの確率で出没中
a0148349_1554884.jpg


こちらはブンチャー(Bun Cha)
a0148349_16161011.jpg

炭火で香ばしく焼き上げた肉団子や豚肉
細い米粉のブン、ハーブはお好みでいれてタレにつけてたべる
つけ麺タイプ
a0148349_15591537.jpg

今回はじめて食べてみたけど炭火ではいたお肉がはいっているタレがなんともいえず。
私が一番好きな麺☆:・。★

上がすべて北部料理ですが、こちらは南部料理
フーティウ(Hu Tieu)
カンボジアからベトナム南部に伝わって定着した料理
米粉麺を半乾燥にした麺はフォーより細くコシがあります。
茹でたエビや豚のレバーがはいって具だくさんなのが特徴
豚骨・干しエビなどでとったあっさりしたスープ
a0148349_169348.jpg

ローカル店で一人で行くと相席になったおじちゃまたちが話しかけてくれる
料理の写真をとってたら料理と一緒にとってあげるよと話しかけてくれたり
どこからきたの?と聞いてくれたり
片言の英語とジェスチャーで話してくれて、
おいしい食べ方教えてもらって 一人グルメも悪くないなと思うメルママ★
でも、お茶が飲みたくて頼んでも「TEA」が通じない。
「ベトナムTEA」といって粘ったけど通じない。
相席のおじちゃまたちもWATER?と聞いてくるけど違うねん・・・
おじちゃまと一緒のとおもったらコーヒー飲んでるし周りにお茶飲んでる人がいなかった。
しびれをきらし 絶対通じる単語 COKEと発してしまった。朝食なのに・・・・
なぜWATERといわなかったんだろ。。。
あとで調べたらお茶は日本語と一緒
お茶=チャー 氷入りのお茶(チャー・ダー)もう忘れないぞっ!!
[PR]
by merurun-t | 2013-10-05 21:26 | ベトナム生活☆
日本に帰国して1週間。
社会復帰し、連日仕事に追われています。
ただ、ある日あまりにも寒いのでカイロをはってみた。
やたら眠いしなんだか体がおかしいので一応病院にいくと体温39℃超え
それを聞いてもうフラフラ
病は気から その言葉正しい。一人暮らし、倒れてても誰も気づかない。
孤独は嫌だぁと思いつつ、我が家の優しい担当 エイミーがずっとそばにいてくれました(涙)
マラリア?伝染病??と思った方 メルママも一瞬不安でしたが
そうではなく、咽頭炎による高熱
翌朝も38.5度 でも昼になると36度 そして元気!
自分でもびっくりする回復力です。

さてさて、ベトナム話題に戻って今回の目的の一つ
「スパ」 日本では同じことしたらめちゃ高いので自分でしがち。
でも人にやってもらうってなんだか気持ちいい☆
自分ご褒美、インターコンチネンタルにあるスパに決定
ホテルでゆっくり本を読みながらお茶もして日本では絶対にできない贅沢な時間をすごしました。
a0148349_1041419.jpg

前回はメルパパが予約してくれたのに、
「もう自分でして、これからよく来るのに色んなことに慣れていかないと」と冷たく突き放され・・・
何回かお願いしても無理と。
もうメルパパには頼らない!心底そう思った。
メルパパが仕事にいってから 電話、かけてみたけどつながらない。
たぶん、掛け方が間違ってるのかな?
家のコンシェルジュの人にきいたらやっぱり間違ってた・・・
かけかたはわかったけど、冷静に考えてみた。
この語学力で電話だけでちゃんと通じるのかな?
答えは簡単。たぶん無理!
とりあえず直接いって予約。
インターコンチネンタルならうまくいけば日本語話せる人いる?と淡い期待をよせながら。
ただ、その思いはすぐ撃沈、日本語話せる人はいないと流ちょうな英語でした。
少し早めに来たらスチームサウナなどつかっていいよってことだったので
時間があるメルママはそうすることに。
レモングラスの香りにつつまれたスチームサウナ、水分補給しながらデトックス。
時間になると部屋に案内。
まずはハーブソルトとバラが入ったボールが登場。
足をいれてということですが、もったいない・・・ここで足を洗ってマッサージ、
シナモンの粉もいれていい香り。
そしてお待ちかねのハーバルボール
ハーブ(葉、茎、根、花)を中心にブレンドし、ナチュラルコットンで包んだものです。
a0148349_10431362.jpg

蒸したハーバルボールを患部に押し当てることで、心地よいマッサージ効果が得られるとともに、
ハーブが皮膚から浸透する薬効効果、香りによるアロマテラピー効果、
じんわりと身体を温める温熱効果が!
病み上がりにはハーブが一番、二人のセラピストによるハーバルボールの施術は
前日の体調不良の地獄から天国への階段をかけあがりきりました。

そして、ベトナムのシャンプーで気になったのはこれは「ボー ケット(BO KET)」
(写真をとれなかったので別サイトから拝借しました)
a0148349_10434177.jpg

ベトナムで昔から洗髪に使われている植物の成分入りシャンプーです。
ボーケットを平たい殻ごと水に入れ、煮出すと黒い液体になります。
この水で髪を洗うとフケのない健康で張りのある艶々の黒髪が保てるといわれています。
ベトの美容室はシャンプーだけでもオッケーとのことで
これも店をみつけていってきました。
ただ、感想は・・・・
長時間爪をたてられてのシャンプー、痛かった・・・・
ベトナム語しか通じない、痛いって単語がわからない。
英語で説明したけどやっぱり通じない。
シャンプーは日本の美容室のほうがよかったです(笑)
ただ あとから、ベトナム在住者のブログをみたら、爪をたてるのが当たり前みたい。
良くも悪くもなんでも経験!ベト生活!!

ちなみにメルとエイミーはというとShake!でお世話になりました。
トレーナーさんたちやたくさんのお友達と遊んでもらって非常に満足げ!
a0148349_10583213.jpg

メルについては調子ノリノリだったようで帰宅してからもパワー炸裂しています(笑)
エイミーは環境の変化に弱いので不安でしたが、
前回はメルのうしろをついているだけが
今回はメルがいなくても遊んでいたようです。成長!!!
a0148349_10575716.jpg

ベトナムまでLINEなどでメルとエイミーの様子を写真でおくっていただいたお友達に感謝
競技会の画像をデータにおとしてくれたお友達にも感謝
おかげさまでメルパパにもみせることができました☆
滞在中メルパパの口から何回エイちゃん♪と聞いたか(笑)
ただ、バイク天国のベトでバイク嫌いなエイミー 過ごせるのかな?
普通の道はろくに散歩できないだろうな。
でも少しだけいい場所がありました。
外国人が主に住む地域でバイクは少なく整備されてます。
メルパパと見に行ったけど都心から噂とおり離れすぎてて不便。
a0148349_2302382.jpg

a0148349_22594864.jpg

さぁどうなるメル家☆

ちなみにベトナム語を習いはじめ数回授業を経験
今回の旅行で一人行動の際使った言語はこんな感じ
90%英語・5%絵とジェスチャー ・5%怪しいベトナム語
ホーチミンは英語でどうにかなることを痛感
もう英語習おうかな・・・・
でもローカル人と話すときはベトナム語が必要
難しい選択

ちなみに社会復帰してから現地でバイクにひかれそうになったことをはなしたら
歩いてる最中にひかれるとおもって止まったことが原因だったらしい
前をむいて一定の速度で歩くこと、これ常識!らしい
知らんかった・・・・
ひとつひとつが勉強だなぁとしみじみ。
でも、今回ベトナムで一番感じたこと。
健康が、何より大事と思わされ!!!これです(笑)
[PR]
by merurun-t | 2013-06-30 00:01 | ベトナム生活☆

王道ベト飯

ベトナムの代表選手といえばフォー
米粉からできた柔らかい麺
米粉を水で溶き、板状にして蒸しあげたものを切る。
スープはシナモン・八角・焼いた生姜などをお店独自に配合し、
豚骨や牛骨をじっくり煮込んで作られます。
他にも地域によってウーティウやブンボーフエなどもあります。
つけ麺タイプや汁なしのものも。奥深いベトナム麺道。
今回食べたフォーや麺類です。
a0148349_18181397.jpg

a0148349_18181080.jpg

たっぷり野菜とハーブもはいって味もさっぱり。
健康的です。
病み上がりでも問題なしです!
ちなみにこちらはベトナム語の先生おすすめのお店。
a0148349_1819151.jpg

朝とおっても、昼とってもローカル人で大賑わい。
a0148349_182096.jpg

揚げパンを浸して食べるのがまたおすすめらしく実践。
a0148349_15443794.jpg

ローカル店なのでフォーに揚げパンにドリンクにまとめて300円ほど
そして味もさっぱり、スープもおいしかったです。
a0148349_1821710.jpg

ベトナム人は昔から食べ物を陰と陽の性質にわけてそれぞれの性質の食べ物をバランスよく
たべることで体の調子を整えているようです
肉料理や脂っこい料理と香草や野菜の組み合わせ
肉と香草をライスペーパーで巻いて食べるのも、野菜をたっぷりいれたバイン・セオも
この考えに基づいた食べ方
バイン・セオのお店もローカルで人気店
ローカル店に一人ではいるのも慣れてきた☆
米粉をココナツミルクや卵と混ぜてやくベトナム風お好み焼き。
フライパンでパリッとやいてモヤシや豚肉・エビんなどをトッピング
サニーレタスやミント・バジル・青紫蘇などとくみあわせてタレをつけていただきます。
a0148349_18234264.jpg

そしてベト飯で現在のところトップ2に君臨してるのはこちら
チャーヨー(揚げ春巻き)ベトナムといえば生春巻きですが、
数種類の野菜の豚肉がぎっしりつまって皮がサクサク、中から肉汁がという絶品。
a0148349_18292863.jpg

そして、今回はじめてたべたのがチャオ・トム
エビちくわ。サトウキビの芯にエビすり身をまいて炭火で焼いたもの。
サトウキビからはずして野菜やライスペーパーに巻いていただきますが本当においしいです。
a0148349_1830583.jpg

ベトナム料理は日本人の口にあいます☆
自然の恵みいっぱいで野菜やハーブがふんだんに使われ健康的。
日本でいるよりたくさん野菜をいただけました。

ただ、今回病んだ時に食べたくなったのがやっぱり和食。
やはり自分の国の味、今まで海外にいって和食を恋しくなることなんてなかったけど
今回こんなにも和食が食べたくなるとは。
不思議なことにベトナムでネギとお豆腐の普通の味噌汁をのんだときにすごくホッと!
今までこんなことなかったのにな(笑)
[PR]
by merurun-t | 2013-06-27 22:37 | ベトナム生活☆

ベトカフェのすすめ

カフェ大好き、日本なら女子会といきたいところが一人。
しかも病み上がり、でも驚異的な胃腸の回復なのかこれが普通なのかはわからない。
外は暑いのですぐに喉がかわくので
時間があったら読もうと思っていた本を片手にカフェはしご。
こちらはメルママお気に入りのカフェ
a0148349_17201011.jpg

これまたオシャレ? 隠れ家的なところにあります。
ガイドブックにものってたりもするけどまず入り口がわかりにくい。
そして建物が古く、写真の光景は想像できないからやめよっかなと躊躇してしまう雰囲気。
でも知ってる人は知っているというカフェ。
フルーツ天国のベトナムでは毎日フレシュジュースが格安でいただけます。
果物大好き。メルママにはたまりません☆
a0148349_1720436.jpg

a0148349_17205364.jpg

そして前回いってお気に入りのパン屋さん。
a0148349_1721337.jpg

フランス文化の影響をうけたベトナムには本格的なフレンチパンからベトナムパンまでたくさん。
最近韓国系のパン屋さんも増えてるようです。
ホーチミンには2タイプのクロワッサンがあります。
サクサク生地層のフレンチスタイル「マン」と、しっとり甘い生地のベトナム式「ボー」
ベトナム式はこれクロワッサン?というよりバターロールに近いパンです。
メルママはサクサク&しっとりの王道のパターシューさんというお店が大好き☆
次回は「ボー」のおいしい店を探して食べてみよう!
a0148349_17213567.jpg

そして、ベトナムフードの代表格の一つ
バインミー!
日本のフランスパンより食感が柔らかくもっちりしています。
そのなかにハム・卵・トマト・コリアンダー・バターやパテなど
好みのものをいれた具だくさんのサンドイッチ☆
屋台もたくさんあります。
ただこの時 衛生警戒度MAXのメルママは安心できるお店
パターシューさんでいただきました!
a0148349_17271651.jpg

タクシーのなかから日本でもおなじみのお店を発見
今年ベトナム初進出されたようです。
メルパパ、なぜか誇らしげに説明、もう気持ちはベトっ子か?
a0148349_17382781.jpg

ちなみにタクシー、初乗り50円程度、
ただトラブルが多いため2つの会社以外のってはいけないと言われています。
その中でもこちらの会社がいいという説は地元では有名。
ただ、まだ安心といわれている会社でも遠回りして全然ちがう方向にいくドライバーさんもいたり。
そんなことめったにないと思ってたら突然やってきた。
偶然にもメルパパが乗っていたときに。
はじめはまっこれくらいの遠回りはいいだろと思っていたらしく、
でも途中から全然違う方向にいこうとしてたようで・・・・
急にベトナム語で指摘ドライバーさんびっくり。
トボケルのに必死。
それでもなぜか意思を貫くドライバーに、ずっと道順の説明してるメルパパ。
ベトナムの人、いい人が多くて大好きなんだけど、こういう光景は少し残念
そして自分一人のときだったらどうなってただろう。
実はメルママ ベトナムではタクシーにのるとき、地図みて道順は頭の中にいれてます☆
乗る時はお守りのように地図をやたら見せて
怪しい英語ともっと怪しいベトナム語で行き先説明します(笑)
地図だけで充分、言葉はいらない。
そんな事実を薄々気付き中!
[PR]
by merurun-t | 2013-06-25 23:27 | ベトナム生活☆
メルママはじめての一人行動
バイク天国のベトナム。信号はすくなくあっても交通ルール守らない
道をわたるのも命がけのダッシュ、なんでこんなことで命かけらなあかんの?
でも数回ひかれかけベトのオッチャンにベトナム語でキレられる。
幸いにも何をいってるのかわからないので
シンローイ(ごめんなさい)といって逃げるメルママ☆
a0148349_16405411.jpg

絶対日本では捕まるバイクの四人乗りだってたくさん。
でもヘルメットだけはちゃんとかぶってる。
カラフルなヘルメットが盛りだくさん。
a0148349_16415794.jpg

ちなみに道は綺麗、清掃が行き届いています。
でもごみは道に捨てるのが当たり前の国
それはごみを道にすてないと掃除の人の仕事がなくなるから。これって本当の理由?
a0148349_16495281.jpg

道のわきには屋台やお店がたくさん
a0148349_1652449.jpg

そしてアジアの雰囲気の中にフランス統治時代の建物がならぶ光景は
日本ではみられない。
こちらは郵便局、19世紀末にたてられたもの
ガラス張りの天井はクラシックアーチ状になっています。
a0148349_16531085.jpg

a0148349_16534185.jpg

こちらは赤レンガが印象的な聖マリア教会
a0148349_16554422.jpg

そしてこちらはルネサンス様式の存在感ある建物は
フランス人用のパブリックホールとして建てられたもの
a0148349_16555843.jpg

はじめてベトナムでタクシーをのって色々一人で探索
たのしかったはずのこの日の夜突然食あたり発生・・・
翌日もフラフラになって歩いて5分のスーパー
昔内科の先生がいってた、ポカ〇を飲めるなら点滴はうたないって。
ポカ〇様とダメもとで探す。
お水コーナーに発見、そしてお腹にいいとうたってるヤクル〇も発見!
でもレジのお姉ちゃん5人のお客さんをさばくのに15分ほど並ぶ・・・・
倒れそうな自分と戦う
忍耐ってこういうこと?
ひさしぶりに泣きそうになった瞬間
少しおちついてきたので、つけてみたテレビ
あれれれ?
ちなみに声も日本とそっくり。
でものび太が変。
ストーリー理解できず。
a0148349_1701274.jpg

[PR]
by merurun-t | 2013-06-23 13:29 | ベトナム生活☆
無事入国できたメルママ!
今回したかったこと、それはメコンデルタでみる蛍ツアー☆

一人で蛍を見にいくのは寂しすぎる。
休日はゴルフ!ゴルフも仕事だといいはってる人
でもこの日だけは空いてることを確認し意思は気にせずツアー申込。

ガイドさんは怪しい日本語が話せるベトナム人のいい人☆
でもメルママはがんばって聞いてみたけど聞き返すこと多数。
ただ横で一人、スラスラと理解し
会話が弾む人一人。そう、メルパパです。
この滞在中に気づいたこと。
彼の怪しい日本語の理解力の高さと、現地人と仲良くなるスピードの速さ
もちろん、ガイドさんともすぐに仲良し!
二人で日本語とベトナム語で色々な会話に情報交換に。
メルパパのことを知ってる人はビックリ?!
日本では絶対みれないあの光景、動画をこっそりとっておけばよかった(笑)

さて本題のメコンデルタ。
ホーチミンから車で約2時間、通常は朝からいくメコンデルタツアーが主流
でも蛍をみたいメルママは昼から出発
冷静に考えてみた。
メコン川、地理で習った川の写真はお世辞にも澄んでるとはいえなかったけど
本当に蛍いるの?

とりあえず、蛍をみるまでメコン川を探検
まずはガイドブックをめくると絶対でてくる手漕ぎボート
ブログやガイドブックではすごい人なのに誰もいない☆
朝はすごい人だけど昼は少ないようです。
でもこれが最高!
誰もいない大自然、手漕ぎボートを漕ぐ音だけしか聞こえず癒される
左右に迫るニッパヤシの森をくぐりにぬけて、
暑いベトナムも夕方になると涼しい風を感じることができます。
a0148349_1682163.jpg

はちみつ農園ではちみつ茶をいただきながらガイドさんがもってきたもの
ミツバチの巣箱
刺されないの?と思いながら、平気そうなのでメルママももってみました。
a0148349_1685498.jpg

そして、次にこれもする?と麻袋からでてきたのがヘビ・・・・
首に巻いたら?と言われ 噛まないというので
記念に
a0148349_1691919.jpg

ただメルパパは俺はいいです。と言う上にメルママのことを怖くないの?
とさめた目でみてました(笑)
メルママはだってこんな機会なかなかないのにと思ってしまう派。
なんでもやってみないとね♪がポリシーです!

夕食はメコン川名物のエレファントイヤーフィッシュ
その名のとおり、ゾウの耳の形をした一見微妙な外見!
でもこれを係のお兄ちゃんが捌いてくれ、
たっぷりの野菜とハーブと一緒に生春巻きにしてくれます。
味は見た目の印象とはちがい、淡白でさっぱり☆
a0148349_1695235.jpg

そして、こちらはお花がはいったスープ
ベトナム南部では花鍋といわれ食用の花のお鍋もあるくらい。
このスープがおいしくて絶品でした
a0148349_16124611.jpg

ここで日が暮れるのを待ちます。
a0148349_16143489.jpg

a0148349_16145142.jpg

この船をのって日が暮れていくメコンデルタを進んでいくと
真っ暗のところから光が。
蛍はマングローブの木が大好き
写真がうまくとれなかったのですがマングローブの木に
クリスマスツリーのイルミネーションのように蛍が光をはなっています。
もう感動!自然のクリスマスツリーでした。
ちなみに蛍は一年中みることができます。

メコン川、見た目は茶色だけどすごく水が澄んでいてしかも肥沃な土壌です。
だからメコン川付近の果物は肥料など何も与えなくてもよく育つようです。
歩いてるだけでもマンゴスチンやジャンクフルーツ、ドラゴンフルーツなど木がたくさん☆
ちなみにこれは歩いてる最中に咳がとまらなかったメルパパに
ガイドさんがとってくれた『スターフルーツ』
a0148349_16133320.jpg

これは喉にいいからと!
ガイドさんは このあたりの地方出身で病院もすくないから
みんな果物やハーブで治すんだと。
もぎたてを歩きながらみんなでワイルドに食べて帰って気づけば咳がとまってた。
ベトナム人の生活の知恵です。
a0148349_16135417.jpg

a0148349_1844685.jpg

[PR]
by merurun-t | 2013-06-19 21:06 | ベトナム生活☆